最後まで聴けないレコ-ド

愛聴盤なのになぜか最後まで聴けない。

大好きなのに途中で止めてしまう、途中でお腹いっぱいになる。

そんなレコ-ドや曲は、ありませんか。

私にとっては、この一枚

感動しすぎて涙があふれ

感動でお腹いっぱいになるレコ-ド!

バッハ作曲、無伴奏バイオリンソナタとパルティ-タ シゲッティによる演奏です。

精神性の高さで評価の高い名盤ですが、3枚組のこのレコ-ド入手して20年以上経ちますが、

どれか一面だけを聴くことは多いのです

が、

全曲を通して聴いたことは、一度もありません。片面だけで涙があふれ

感動しすぎてお腹いっぱいになるのです。

全曲聴くなら

まったく同じ曲、同じ録音 シゲティです。

最初のレコ-ドはアメリカ盤、下のレコ-ドは日本国内盤です。

同じ録音であっても、発売する国や時期、マスタ-テ-プやプレスの仕方、製作工程

によって印象や感じ方が全く変わってしまうように感じます。

このレコ-ドの場合、あくまで私見ですが

アメリカ盤のほうが、表現方法、臨場感など全てにおいて優れ、感動しすぎる名盤なので

一曲聴くだけで感動が大きく、私にとって全曲通して聴くことができない名盤となっているのです。

日本国内盤は、音も安定していて充分感動するのですが、感動しすぎて一曲聴くだけで完結してしまう名盤でなく

最後まで聴けてしまう名盤なのです。

Cafe とむ

小倉南区 喫茶店 レコード販売 趣味ロードバイク

0コメント

  • 1000 / 1000