古いレコ-ド

レコ-ドとコ-ヒ-の店 ❤Cafe とむ❤

おはようございます!

マスタ-の とむ です!

今日の「とむのひとり言」

はじまりま-す!!


古いレコ-ドと言っても大概レコ-ドはCDやハイレゾに比べて

おしなべて古い

ですが


1950年代や60年代に発売された当時のレコ-ドを

オリジナル盤とか初期盤とかいって重宝がる傾向があります。

理屈からいえば、何でも新しい技術のほうが古い技術より

音でも何でも、より良くなってしかるべきだと思いますが

(たとえば、映像などは、白黒とカラ-など大きく進化しています)


実際聴き比べてみると  あくまで私見ですが

当時のレコ-ドのほうが、後から発売された再発ものより音に深みというか

味があるというか、表現が難しいですが...

私は好きです。


理由は、多分

演奏者を目の前で感じながら作成したエンジニアと

後から、演奏者を感じることなくただのデ-タ-から作成したエンジニアの差かもしれない

などなど想像したり


当時の人たちの、現代と比べて制約の多い場所やシステムを使いながら

良いレコ-ドを作りたいという思いや


当然何度も複製することで発生する音質劣化もあるでしょう。

(もちろん、経年による原盤の劣化もあると思います)


それより、何となく感じるオリジナル盤、初期盤の

ふいんきが一番大切なのかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------

申し訳ありません。現在レコ-ドプレイヤ-が故障中です。


12月初旬には、修理が終わりますので、

終わり次第お楽しみいただける予定です。


また、修理終了後、レコ-ド試聴が可能になると同時に

レコード販売も始めます。


購入前にはしっかりとご試聴してくださいネ!

偶然流れているレコードを購入しても構いません!

ぜひ一度お立ち寄りくださいネ!

Cafe とむ

小倉南区 喫茶店 レコード販売 趣味ロードバイク

0コメント

  • 1000 / 1000